ブログ

HOME > ブログ > 暮らしを彩る うつわ展-作家紹介-「鈴木進」

暮らしを彩る うつわ展-作家紹介-「鈴木進」

  • 2017年04月04日 (火)

鈴木進さんといえば、静岡を代表する陶芸家といって良いですね。
静岡県周智郡森町に創作活動の場があります。森山焼の窯元、4代目と代々続く陶芸家。
高田かえさんとご夫婦揃って陶芸家です。森山焼の伝統を継承しつつ、自身の作品にも精力的に活動されており、ご存知の方も多いかと思います。
私も今期の企画のお願いでお二人のアトリエに何度かお邪魔しました。実際に創作活動の場を見せて頂きますと作家さんの陶芸に対する思いや姿勢など伝わってきます。製作中の作品群が整然と並ぶアトエリは、いつ行っても綺麗な空間でした。
鈴木進さんの作品は、なんといっても綺麗!そして詳細まできちんと仕上がっていて、まさに職人技に加え見た目のデザインも大好きです。
代表作ともいえる急須は勿論、湯飲みやカップまで一つ一つが繊細かつ洗練されていて、製作の過程も見させて頂きましたが、作品の一つ一つをかなりの時間を費やし製作されていました。ですので、ものづくりに興味のある方は、手にすればわかるはずです。全ての品に気持ちと愛情が入ってます。うまく言えませんが、鈴木さんの急須は一家に一台は必要でしょう。私が陶芸に興味をもったきっかけは、この鈴木さんの急須からです。まだ見たことがない方、是非、一度お立ち寄りください。