ブログ

HOME > ブログ > 暮らしを彩る うつわ展-作家紹介-「村上祐仁」

暮らしを彩る うつわ展-作家紹介-「村上祐仁」

  • 2017年04月09日 (日)

さぁ、暮らしを彩るうつわ展の最後の紹介になりました。藤枝在住の陶芸家、村上祐仁さん。
薄く繊細な造形に落ち着いた深みのある作品を得意とされる村上祐仁さんは、多治見市で製作活動されておりましたが、昨年、藤枝市最奥部の大久保集落の中にアトリエ兼住まいに制作の場を移されました。
村上さんの近作は、パステルカラーの陶器です。この美しい色使いは、釉薬ではなく化粧土の色。私は、はじめて見る作風です。釉薬でないので艶がなくマットな風合で、肌触りもしっくりと馴染む感じです。ちょうど漆喰の壁を触る感じでしょうか。
作品そのものは非常に薄く作られていますが、優しいフォルムと色使いからか、シャープな印象を与えず柔らかな質感と使い易い印象を与えます。
私は、彼の化粧土を利用した作品をウイスキー用グラスの代わりに使っておりますが、結露しにくく、触った感じも、さらさらしているというか凄く見た目も触れた際も清潔感があるとても好きな作品です。この独特な作品に共感する方も多いかと思います。
まだこれからが楽しみな若き陶芸家です。しかも、縁あって藤枝の地に来てくださった貴重な作家さんの一人です。是非、エマギャラリーでの展示を見て触れて頂きたいと思います。
2017年4月23日(日)には、大久保集落にある自身のアトリエ横にカフェ「お山と道具店」がオープンするようです。こちらも是非を運んでくださればと思います。
場所:大久保キャンプ場の先約150m 赤い屋根が目印だそうです。是非!