展示会情報

HOME > 展示会情報 > emagallery企画展    柳澤紀子展   「未-在」

emagallery企画展    柳澤紀子展   「未-在」 予告

emagallery企画展    柳澤紀子展   「未-在」

 

未在とは「未」と「在」の間にある不確実なイメージを透徹したまなざしで捉えようとする作家の姿勢に他ならない。
表現の先には現代社会が抱える問題の深さをあらわすとともに一縷の希みをも提示する。
海外での個展を前に、新作を交えた作品の数々を是非ご高覧下さい。

 

10月06日(土) 15:00~17:00
オープニングレセプション Opening Reception

10月14日(日) 15:00~16:30
ギャラリートーク gallery Talk

企画・制作: PLANplus / TRANSTYLE architects
協力:鳥井事務所

開催期間
2018年10月5日(金)〜10月17日(水)

開催時間
平日:10:00-17:00 / 土日祝:10:00~19:00
展示内容
版画、ミクストメディア、原版の展示(少年シジフォスの原版と作品等)、 ポートフォリオ
作家名

柳澤紀子

イメージ
イメージ

柳澤紀子

作家経歴

柳澤 紀子 Yanagisawa Noriko
1940 静岡県浜松市に生まれる
1965 東京芸術大学大学院油画研究科油画専攻修了
1971-75 ニューヨークのプリントメーキング・ワークショップにて制作
1992 文化庁派遣芸術家在外研修員としてロンドンに滞在
2003-11 武蔵野美術大学造形学部油画学科版画研究室教授

■主な個展
1976 養清堂画廊(東京、同1983,87,90,94,96,98,2001,03,06,08,11,14)
1985 空間美術館(ソウル)
1987 ギャラリー・ディファレンサー(リスボン)
1989 ワールドバンク・アートソサエティー(ワシントン)
1990 ギャラリー・イルポンテ(フィレンツェ)
1997 ブルガリア・ナショナルギャラリー(ソフィア、国際交流基金後援)
1998 イスラエル・ティコティン日本美術館(ハイファ―)
1999 ルーマニア国立美術館(ブカレスト)
2000 掛川市二の丸美術館(静岡)
2001 サンパウロ州立博物館(サンパウロ、国際交流基金後援)、ヒルサイドファーラム(東京)
2002 城西国際大学水田美術館(千葉)
2005 中京大学アートギャラリーC-スクエア(名古屋)
2008 酒田市美術館(山形)
2009 静岡県立美術館(静岡)、イスラエル・ティコティン日本美術館(ハイファ―)
2010 キドプレス(東京)、武蔵野美術大学美術館・図書館(東京)
2012 ベンガル・アートラウンジ(ダッカ、バングラデシュ)
2013 浜松市美術館、平野美術館(静岡)、サンタレン・ポルト(リスボン)巡回展
2014 鎌倉画廊(神奈川)
2016 養清堂画廊(東京)

■主な受賞
1964 《聖》《Lips》で第32回日本版画協会賞(社団法人日本版画協会)
1991 静岡県文化奨励賞(静岡県教育委員会)
1999 《水邊の庭99》で東京ステーションギャラリー賞(東日本版画財団)
2001 《水邊の庭V》で第10回山口源大賞(沼津市)
2010 Shilpacharya Zainul Abedin Award 2010(ダッカ大学)

■主なパブリックコレクション
東京藝術大学大学美術館 埼玉県立近代美術館 宮崎県立美術館 公益財団法人東日本鉄道文化財団 茨城県近代美術館 静岡県立美術館 公益財団法人池田20世紀美術館 掛川市二の丸美術館 黒部市美術館 静岡市立中央図書館 沼津市庄司美術館 浜松市美術館 浜松市楽器博物館 町田市立国際版画美術館 松本市美術館 酒田市美術館 新潟県十日町市 城西国際大学水田美術館 常葉美術館 武蔵野美術大学美術館・図書館 公益財団法人平野美術館 ティコティン日本美術館(イスラエル) サークレーギャラリー(スミソニアン アメリカ) サンフランシスコ市立美術館(アメリカ) 米国議会図書館 バングラディシュ・シルパカラアカデミー ブルガリアナショナルギャラリー ルーマニア国立美術館

イメージ イメージ イメージ

オープニングレセプション/ ギャラリートーク

10月06日(土) 15:00~17:00
オープニングレセプション Opening Reception
 

10月14日(日) 15:00~16:30
ギャラリートーク gallery Talk

会期中に 柳澤紀子全作品集 2017年刊 サイン入りの販売も致します。

イメージ イメージ