ブログ

HOME > ブログ

暮らしを彩る うつわ展~出展作家紹介 vol.4~

  • 2018年08月24日 (金)

今年も開催される「暮らしを彩る うつわ展」
静岡を拠点として活動している作家6名でのグループ展です。
会期は9/7~9/19の2週間です。

作家紹介 vol.4 「吉田 直嗣」
 
1976年生まれ。
東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵氏に師事。
2003年富士山麓にて独立。
 
白と黒の器を中心に制作している。
 

 

 
 
白と黒、対照的な二色でうつわを制作している吉田さん。
無駄を削ぎ、洗練されたライン。
この二色が、うつわそのものの「かたち」の美しさを際立たせています。

シンプルでいて、綺麗。
日常で使いやすいですが、しっかりと存在感を感じられるうつわです。
 
今回は追加納品なしの20点限定での展示販売となります。
 
 
 
出展作家紹介 vol.5は「小國 加奈」さん。
8月29日の更新予定です。お楽しみに。

暮らしを彩る うつわ展~出展作家紹介 vol.3~

  • 2018年08月18日 (土)

こんにちは。
 
今年も開催される「暮らしを彩る うつわ展」
静岡を拠点として活動している作家6名でのグループ展です。
会期は9/7~9/19の2週間です。
 

 
展示会のスタートに向けて掲載していく作家紹介、第三弾はこの方です!
 
 
 
作家紹介 vol.3 「山﨑 裕子」
 
山崎裕子 | yukoyamazaki.com
1970 埼玉生まれ
1993 日本大学芸術学部美術学科版画コース卒
2001 岐阜県立多治見工業高等学校陶磁科学専攻科修了
2003 埼玉県入間市にて陶芸制作をはじめる
2005 「第7回国際陶磁器展美濃」入選
「工芸都市高岡クラフト展」入選
2006 静岡県富士宮市の朝霧高原に自宅兼工房を移す

みずいろ ペパーミントグリーン サーモンピンク あお クリーム色 いくつかの白 木漏れ日のような結晶 さまざまな手触り・・・
うつわにのせるガラス質の釉薬に 金属を少しづつたしたり 原料をおきかえたり 絵の具をまぜるようにあわせたり・・・
窯をひらくたびに現れる 金属や何か分からない美しい結晶 おもいもかけない不安定な色や質感
それらの美しい現象の表出を拾って さわって 少しづつ いろを展開してきました
それらの色の表出が シンプルな器のかたちとなって 普段のテーブルの上にのる事が出来たらいいなと思います


 

 
 
山﨑さんの作品で、まず目を奪われるのが「いろ」ではないでしょうか?
優しく自然的な色彩の中に感じる、不安定さや繊細さの魅力。
今までの偶然や発見が少しずつ拾い集められ、いまの色彩に繋がっている。
そんな時間の経過も感じさせてくれる作品です。
 
かたちはシンプルですが、女性らしい丸みを帯びたラインが美しく
細部の丁寧さにこだわりを感じます。
 
日曜の朝のコーヒー、家事の間の休息、家族そろっての夕食。。。
ほっとできる暮らしの一コマに、そっと彩りを与えてくれる作品です。
 
 

出展作家紹介 vol.4は「吉田 直嗣」さん。
8月21日の更新予定です。お楽しみに。

暮らしを彩る うつわ展~出展作家紹介 vol.2~

  • 2018年08月08日 (水)

こんにちは。

エマギャラリーでは今年も「暮らしを彩る うつわ展」を開催いたします!
 

 
会期は9月7日~9月19日の2週間。
静岡を拠点として活動している作家、6名でのグループ展となります。
 
展示会のスタートに向け、1週間に1人のペースで作家の紹介をしていきます。
 
 
 
作家紹介 vol.2 「秋山昌史」

1982 静岡県焼津市生まれ
2008 京都伝統工芸大学校卒業
2008 ㈱G+C ART 箱根CRAFTHOUSE入社
2011 静岡県焼津市を拠点に制作開始

京都で陶芸を学び、静岡県焼津市を拠点に陶芸作家として作陶しています。
デパート、ギャラリーでの企画展、クラフトフェアやハンドメイドイベントへの参加等で活動しています。
うつわは貼花と鎬という技法で装飾したものを主に制作しています。
使いやすくて長くお使い頂けるものを作れるように心がけています。
装飾性と実用性のバランスを特に意識して制作しています。
手に持った時の厚みや重さ、料理を盛り付けた時のあわせやすさなど、ぜひ使うところも想像しながらお手に取って頂きたいです。

落ち着いた色味と細かく美しい装飾、アンティークのような風合いが特徴的な秋山さんの作品。
和でも洋でもないようなのに、不思議と和食にも洋食にも合ってしまう。
そんな、秋山さん独特の世界観がとても魅力的です。
 
写真二枚目にあるように、本物そっくりの美味しそうなたい焼きの作品もあります。
たい焼きなのに泳いでいるような、活き活きとした表情に見えるのが面白いですね。
 
 
出展作家紹介 vol.3は「山﨑 裕子」さん。
8月17日の更新予定です。お楽しみに。

暮らしを彩る うつわ展~出展作家紹介 vol.1~

  • 2018年07月31日 (火)

こんにちは。
7月も最終日となりましたね。
まだまだじっとりとした暑さが続きますが、皆さまくれぐれも体調に気を付けてお過ごしくださいね。
 

 
さて、エマギャラリーでは今年も「暮らしを彩る うつわ展」を開催いたします!
会期は9月7日~9月19日の2週間。
静岡を拠点として活動している作家、6人でのグループ展となります。
 
展示会のスタートに向け、本日から1週間に1人のペースで作家の紹介をしていきます。

 
 

作家紹介 vol.1 「赤堀友美」
 
静岡市生まれ
京都造形芸術短期大学(現 京都造形芸術大学)専攻科 修了
滋賀県立「陶芸の森」スタジオアーティスト 修了
現在 静岡市ににて制作
 
主に磁器土を素材に石膏型を使用し制作しています。
 

 

混じり気のない白に、縁どられた赤や青が鮮やかでとても印象的です。
シンプルなデザインと磁器特有の真っ白さを併せ持つ赤堀さんのうつわは
食材や草花本来の、自然の彩りを改めて私たちに教えてくれます。
 
サイズ感や形から、限定されることなく幅広く様々な用途で使っていただける作品が多いです。
食器や花器だけでなく、マッチ箱などちょっと変わったうつわの作品も出展されますのでお楽しみに。
 
 
 
出展作家紹介 vol.2は「秋山昌史」さん。
8月8日の更新予定です。お楽しみに。

沢山のご来場ありがとうございました!

  • 2018年06月12日 (火)

エマギャラリー企画のアクセサリー展
纏う「キモチ」と観る「カタチ」
5/30をもちまして無事終了いたしました。
 
初日から最終日のギャラリー閉廊ギリギリまで、本当にたくさんの方が足を運んで下さいました。
いつもギャラリーへ来て下さる顔馴染みの方々、この企画展をきっかけにエマギャラリーを知ってくださった方、期間中何度も足を運んでくれた方、ご友人やご家族を誘って再訪してくれた方、SNSやお店で紹介してくれた方、本当にありがとうございました。
 
kicoさん、supeneneさん、niu.さん、mugさん、motonagaさん、ご出展ありがとうございました。
事前の準備から2週間の展示、本当にお疲れ様でした!
 
 
【エマギャラリーの今後の展示スケジュール】

・emagallery企画展 暮らしを彩るうつわ展
 2018年9月7日(金)〜9月19日(水)

・山田学写真展-日々是好日2014-
 2018年9月21日(金)〜9月26日(水)
 
・emagallery企画展 柳澤紀子展 「未-在」
 2018年10月5日(金)〜10月17日(水)

・三人展【裂き織・組紐・ステンドグラス】
 2018年10月26日(金)〜10月31日(水)

・ながおたくま原画展(仮)
 2018年11月30日(金)〜12月12日(水)
 
・Chirismas Exhibtion of Artist -アーティストのクリスマス展-
 2018年12月14日(金)〜12月23日(日)
 
・Ayano Ichiyanagi  solo exhibition [ 日々をまとう 2019 ]日傘とヘアバンド オーダー会
 2019年4月5日(金)〜4月17日(水)
 
 
 
展示内容や出展作家に関しての情報はEXHIBITIONにて公開しておりますので是非ご覧ください。
(http://emagallery.jp/exhibition/)
 
facebookでも随時情報を公開していきますのでお見逃しなく!
 
また、エマギャラリーではレンタルスペースの利用申し込みも随時受け付けております。
HPのRENTAL SPACEからお申し込みが可能です。
(http://emagallery.jp/rental/)
お電話でのお問い合わせも受け付けておりますので、空き期間、料金、時間、展示内容、ギャラリーの設備、スペースに関して等々不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。