ブログ

HOME > ブログ

纏う「キモチ」と観る「カタチ」~出展作家紹介 vol.3~

  • 2018年05月14日 (月)

こんにちは。
静岡を拠点に活動する5組のアクセサリー作家によるグループ展 纏う「キモチ」と観る「カタチ」。
いよいよ今週の金曜日からスタートとなります。

会期前に出展作家さんを1組ずつ紹介していくこのコーナー(?)
先週は「kico」さんと「supenene」さんを紹介しました。
お二人の紹介はこちら⇒ kicosupenene

今週は3組の作家さんを紹介していきます!
 
 
 
作家紹介 vol.3 「niu.」

文具・雑貨メーカーの商品企画に携わりながら、趣味でハンドメイドを楽しんでいました。

ピアスを開けた事を機に、自分好みのピアスが欲しいという思いから、
2015年9月に、niu.(ニウ)をスタートさせました。

活動当初は、木のアクセサリーブランドでしたが、
徐々にオリジナルの金具を使った商品を作りたいと思い始め、
彫金を学び始め、現在の商品構成に至っております。
木と金属の大半は、手作業で加工して仕上げています。

niu.というブランドは、
作家の私自身が今感じる気持ちをアクセサリーに表した商品で構成されています。
『わたしをあらわす』・・・気に入ってくださった方にも、そんな想いが共有できると嬉しいです。

niu. 村松 真梨子
 

 
木・真鍮・シルバー
異なる素材・普遍的なかたちを組み合わせて様々なシリーズを展開しているniu.さん。
すっきりとシンプルなデザインが魅力的です。

「カーブ」「細さ」「大きさ」「かたちの組み合わせ方」
それぞれの素材や形を一番魅力的に魅せる方法を知ってるのかなと思うくらい
それらが綺麗に納まっていて、どのアクセサリーも観ているだけでドキドキします。

身に纏うと背筋がピッと伸びるような上品で大人なアクセサリーです。
 
 
 
出展作家紹介 vol.4は「mug」さん。
5月16日の更新予定です。お楽しみに。

纏う「キモチ」と観る「カタチ」~出展作家紹介 vol.2~

  • 2018年05月09日 (水)

こんにちは。
静岡を拠点に活動する5組のアクセサリー作家によるグループ展 纏う「キモチ」と観る「カタチ」。
いよいよ来週の金曜日、5月18日からスタートとなります。
会期前に出展される作家さん達を1組ずつ紹介していきたいと思います。

 
 
 
作家紹介 vol.2 「supenene」

フィンランド語で「わくわくする」をカタチに
シルバーアクセサリーをメインにデザインと製作、販売しています。

ふたりの女性デザイナーとひとりのクラフトマンによるブランドです。


 
シルバーアクセサリーを中心に展開しているsupeneneさん。
シンプルなデザインの中に遊び心があり、さりげないおしゃれを楽しみたい方にぴったり。
年齢問わず身に纏っていただける作品です。

シルバーの色と細身なデザインがマッチしていて、さわやかさや透明感を感じます。
これからくる夏にも相性の良いアクセサリーではないでしょうか。
リングだけでなく、ネックレスやピアスも揃っていますよ。

 
 
出展作家紹介 vol.3は「niu.」さん。
5月14日の更新予定です。お楽しみに。

纏う「キモチ」と観る「カタチ」~出展作家紹介 vol.1~

  • 2018年05月07日 (月)

こんにちは。
静岡を拠点に活動する5組のアクセサリー作家によるグループ展 纏う「キモチ」と観る「カタチ」。
いよいよ来週の金曜日、5月18日からスタートとなります。

DMを見て分かるように、かなり個性的でおしゃれな作品を制作している作家さん達が集まりましたよ。
どんなアクセサリーを作っているのか気になりますよね。
会期前に出展される作家さん達を1組ずつ紹介していきたいと思います。
 
 

作家紹介 vol.1 「kico」

白い布をカット、染め、刺繍などを施し、植物のアクセサリーをつくっています。

ki = 木、co = 小 を意味し、ほろほろと壊れてしまいそうな小枝をイメージしています。
身につけることで、植物の繊細さ儚さを感じていただけたら嬉しいです。

年1回ほどの個展、県内、東京などのイベント出展など。
 

kicoさんの作品は細部まで丁寧に作られていて、とても繊細です。
なんといっても植物の質感と染色が魅力的ですよね。
あたたかさや優しさとともに、儚い植物の凛とした力強さも感じられます。
作家本人の人柄も出てるのかもしれません。

身に纏えば不思議と、柔らかく優しい気持ちになれることでしょう。
写真ではブローチが多いですが、ピアスやイヤリングも制作されていますよ。

ぜひ実際に手に取って観て、造りの繊細さや質感を感じていただきたい作品です。
 
 
 
出展作家紹介 vol.2は「supenene」さん。
5月9日の更新予定です。お楽しみに。

本日はライブペイントがあります!

  • 2018年03月18日 (日)

本日は、ライブペンイトが開催されます。
ジャズバンドの演奏に合わせて北村和夫さんによるライブペイントが行われます。
予約・申し込みは特に必要ありあません。
日時*3/18(日) 16:00~
料金*無料
イベント中の入退場は自由ですのでお気軽にお越しください。

今週の金曜日から「路傍のイシ展」が始まります!

  • 2018年02月20日 (火)

こんにちは。
3月を目前にやっと暖かい日が増えてきましたね。

「むらまつけーじ親子展〜愛は雑草に紛れた花のよう〜」は
大盛況の中、先週の水曜日で展示終了となりました。
会期中は毎日たくさんの方々にお越しいただき、ありがとうございました。
むらまつさんの絵本作家としての第一歩を
大勢のお客様と共に応援することができて、本当に良かったです。
 
 
そして今週の金曜日から、6人展「路傍のイシ展」がはじまります。
 
まず、アーティストの在廊予定日に変更がありましたのでお知らせします。
【在廊予定 (変更後)】
2/23・・・石川舞
2/24・・・石川舞
2/26・・・葦名美音 五畳まこ 長屋沙季 広沢晴菜 水谷みなも
2/27・・・葦名美音 水谷みなも
2/28・・・葦名美音 五畳まこ 長屋沙季 水谷みなも
 
 

さて、この「路傍のイシ展」ですが、展示会名やDMのデザインから「宝石の展示なの?」とよく聞かれます。
出展作品は油彩・水彩・イラストレーション・映像など様々で、宝石の展示ではないんです。
 
「路傍の石」とは「道端にころがっている石のように、名も無くありきたりな存在」という意味があります。
今はそんなありきたりな存在だけれど、宝石のようにこれから輝いていく原石。
また、それぞれが秘めている意思や意志という意味を込め「路傍のイシ展」とタイトルが付けられたそうです。
 
現役大学生を含めた静岡出身のフレッシュな6人のグループ展。
それぞれの作品への想いが伝わってくる、パワフルな展示になるのではないでしょうか。
展示会まであと3日です。お楽しみに!
 
 
池谷